My Favorite Things

B−176 ランダムブースターVol.23 06 アーチャーヘラクレス.10A.Pw 開封レビュー‼︎

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
福岡在住。現在小学生の息子と娘の2児のパパ。 熱しやすく色々なものに手を出しては広く浅く経験値を増やしていきたい。 一度しかない人生だから楽しんだもの勝ち!がモットー。 ものつくりが大好きで変な工具が少しずつ増えているのが悩み。

こんにちは、ハムすけ(@sorahainu)です。

3・2・1 ゴー シュート‼

 

B-176 ランダムブースターVol.23の開封も6個目‼

超Zシリーズから久方ぶりの再録となったこちら『06 アーチャーヘラクレス.10A.Pw』を開封していきます‼

アーチャーヘラクレスは超Zシリーズの序盤に登場したスタミナタイプのレイヤーですが、ランブーとしてはVol.12以来の再録となります‼

他には東海オンエアコラボでのwbba.限定とランダムレイヤーコレクションVol.11で再録されています(*´з`)

フレームのA(アックス)は今回のランブーで初登場の新規フレームですが、01ホロウデスサイザーに収録の色違いVer.となっています。

また、ドライバーのPw(パワー)はガチンコシリーズのスラッシュヴァルキリーで初登場しましたが、その後タカラトミーモール限定のレジェンドスターベイセットへ再録されましたがランブーへの再録は初めてです( *´艸`)

 

それでは詳細を見ていきましょう!

スポンサーリンク

B-176 ランダムブースターVol.23

発売日

2020年12月26日(土)

価格

1,188円(税込)

 

06 アーチャーヘラクレス.10A.Pw

レイヤー:アーチャーヘラクレス

©TOMY

「英雄ヘラクレスモチーフ。外周に配置された大きなメタルの弓矢が、高速回転時は外側に、低速回転時は内側に移動することによって、回転力が落ちにくいスタミナタイプの超Zレイヤー。」

重量:19.76g

カラーリングは中央部分はメタリックパープル、外周部分はソリッドのパープル、挟み込まれている部分はメタリックブルーのソリッドカラーとなっています‼

超Zアビリティのメタルクロー状態だと矢の先端と同じくメタリックブルーの素材が見えます。

このパープル基調のカラーリングはガチンコシリーズに出てきた金道フミヤの妹である金道イチカの使用していたカラーリングと同じとなっているようです( *´艸`)因みに金道イチカの使用していたアーチャーヘラクレスのカスタマイズは「アーチャーヘラクレス.G.Op」とピーキーな改造となっています(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

ディスク:10(テン)

©TOMY

「フレームパーツの取り付けが可能なコアディスクで、内重心の大径10枚刃が安定性を生み出すディフェンス系ディスク。」

重量:23.70g ★4 ※平均値:23.69g

フレーム:A(アックス)

©TOMY

「コアディスクに取り付け可能な攻撃力強化パーツ。3枚の超大型打撃刃でバースト力をアップ!」

重量:3.51g

本ランブーで初登場のA(アックス)フレーム。

超大型の3枚刃と厚みのある形状で攻撃力とバースト力が上がっていると思われる。

カラーリングはクリアブルーで涼しげな色となっています。

ドライバー:Pw(パワー)

©TOMY

「ギザギザなフラット軸でスタジアムに食いつき暴れ、攻撃時などに軸先が縮んだときにロックが硬くなるアタックタイプのドライバー。」

重量:6.44g

上述の通り、限定セット以外では初の再録となったPw(パワー)ドライバー。

カラーリングはクリアパープルで超Z対戦セットに収録のスラッシュヴァルキリーのPw(パワー)と同系色になるかと思います。色合いはこちらの方が紫が強いです。

バネの仕込んである軸先で強攻撃を受けた時に沈み込みロックを強化すると共にバウンド攻撃も可能なアグレッシブなドライバーです‼

ダッシュ化してほしいドライバーではありますが、ダッシュ化するとバネが硬すぎて沈み込まなくなる弊害も出てくるかもしれませんね(; ・`д・´)

回っているところ

デフォルト改造について

うーん(+_+)まあまあ厳しいね。

パーツ単体で見ると良いし、別に特別弱いわけではないけど現在の環境では通用はしないかな。

 

レイヤーは超Zシリーズなのでま重量は20g弱のそこそこあるし外側に配置されていて遠心力UPしているのでそのままの勢いでぶつかることが出来れば結構強い当たりは可能です。フレームのA(アックス)もレイヤーとほぼ同じ大きさですが、ところどころ刃部分が飛び出しているのでそこに当たればかなり強い。

ただ、Pw(パワー)ドライバーはアタック系のドライバーの中では動きとしては若干おとなしいし、スタジアムの縁をつかむ感じで回るので中心に位置する相手には苦戦しやすそうです。

ロックはドライバーがダッシュ化していないとはいえ結構硬めだし、Pw(パワー)の特性で強くぶつけることは問題ないのでとにかく勢いがあるうちにぶつけることに活路を見出しましょう。勢いよくぶつけるとたまに爆散するけど(ノД`)・゜・。

 

安定して勝てるかといわれると「うーーん”(-“”-)”」となるそんなカスタマイズ。

まあイチカモデルみたいな嬉しさはあるのかなぁ。

 

それでは良いベイブレードライフを!

コアディスク重量一覧

GTパーツ重量一覧

スパーキングパーツ重量一覧

☆オススメ記事☆



この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
福岡在住。現在小学生の息子と娘の2児のパパ。 熱しやすく色々なものに手を出しては広く浅く経験値を増やしていきたい。 一度しかない人生だから楽しんだもの勝ち!がモットー。 ものつくりが大好きで変な工具が少しずつ増えているのが悩み。

Copyright© ハムすけの備忘録 , 2021 All Rights Reserved.